肌を白くする方法=肌にトラブルを起こす原因!?

肌を白くする方法は色々あります。

保湿してキメを整えるのもいいですし、ピーリングして古い角質をとるのもいいですし、
美白美容液を使ってメラニンによる肌にごりをとるのもいいと思います。

ただ、美白ケアというのは肌に積極的に働き変えて作用するものなので肌にあわないと
刺激になるし、炎症を起こして逆効果になることもあるということなんです。

特にメラニン生成を抑制するとか、シミを消すというような強力な美白成分を外部から
肌に浸透させる美白化粧品や塗り薬を使ったものを注意が必要です。

カネボウの白斑問題がありましたけど、あれもメラニン生成を抑制する作用が強力過ぎた結果なわけですから。

肌にやさしい美白というのは効果が薄いでしょうし、逆に美白作用が強すぎるものを使うと
白斑などの肌トラブルが引き起こされてしまうということなんです。

だから美白ケアは諸刃の剣といってもいいものなんですね。

それを考えると保湿化粧品と比べて美白化粧品というのは扱い方には十分注意しないといけません。少なくとも美白の目的に合わせて使い分けるのは常識です。→美白美容液をランキングから選ぶ!

肌を白くするというのは肌の自然なメカニズムに逆らうことなので反動も大きいです。
刺激を感じたらすぐに使うのをやめるなど気をつけて使うようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です