45歳からはシワ・たるみが肌の悩みNO.1

日差しも弱くなり、紫外線注意報もでなくなってきました。

そのためちょっと油断してUVケアをサボりだしている人もいると思うんですが、いけません。
夏以外の紫外線対策がいかにきちんとできているかが肌を守るために必要なことです。

この時期、確かにUVBは減るんですが、シワやたるみの原因になるといわれているUVAは、
ガンガン降り注いでいます。そのためUVケアをしないと日焼けしたり、シミになることは
なくてもシワやたるみはできるということです。

だいたい45歳以上になると女性はシミよりもシワ・たるみの悩みが増えてきます。

これは当たり前で、シミも確かに嫌な物なんですが、シワやたるみに比べればかわいいものだからです。
ほうれい線とかおでこのシワとか二重あごとか、信じられないぐらい老けてみえますからね。

目元も顔の皮膚の中では一番弱い部分なので、紫外線ダメージの影響はでてきやすいです。
なので、目の際までしっかり日焼け止めを塗って、サングラスは必須です。

目元の紫外線対策してますか?<<2~3割ぐらいだそうです。

目の下のたるみとかクマができると老けてみえるのはもちろんなんですが人相が凄く悪くなります。
顔色が悪いとか、危ない薬でもやっているのか?と思われたりもするので、目元の印象は大事です。

最優先してUVケアしてもいい部位だと思いますよ。

This entry was posted in 美容.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です